天皇

戦争放棄

人権総論

人権各論

統治総論

国会

内閣

司法

その他

国会 第41条~第64条
第56条 定足数、表決

【生徒】 憲法56条1項は「両議院は、各々その総議員の三分の一以上の出席がなければ、議事を開き議決することができない。」、2項は「両議院の議事は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、出席議員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。」として、議員の定足数と表決数を定めています。

【弁護士】 あまりに少ないと国会と呼べるか疑問だし、多すぎると議事を開けないおそれもあるから定足数は3分の1にされてますね。
表決については、多数決です。議員の多数決で決着がつかない場合には議長が決めることになります。

【生徒】 多数決は学校などでもお馴染みですね。

【弁護士】 「出席議員」には棄権、白票を含めるか争いがあるけど細かいので省略しましょう。

このサイトの運営者情報はコチラから

より詳しい論点