天皇

戦争放棄

人権総論

人権各論

統治総論

国会

内閣

司法

その他

国会 第41条~第64条
第60条 衆議院の予算先議と優越

【弁護士】 次は憲法60条です。まず、1項は「予算は、さきに衆議院に提出しなければならない。」としています。法案は衆議院と参議院のどちらへ先に提出しても良かったですが、予算は衆議院に先に提出しなければならないとされています。

【生徒】 これも衆議院が優先なんですね。

【弁護士】 2項は「予算について、参議院で衆議院と異なつた議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は参議院が、衆議院の可決した予算を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて三十日以内に、議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。」としています。

【生徒】 なんだか長いですね・・・。まず2項は参議院が衆議院と違う議決をした場合の規定ですね。そのうえで、①協議しても意見が一致しない場合と②参議院が30日以上放置している場合には衆議院の議決を国会の議決とするんですね。ここでも衆議院が優遇されています。

【弁護士】 これも衆議院の優越の現れです。法案との違いは予算の場合、両議院で協議をしなければならないということです。

【生徒】 法案と比較して考えると、よく分かりました。

このサイトの運営者情報はコチラから

より詳しい論点