天皇

戦争放棄

人権総論

人権各論

統治総論

国会

内閣

司法

その他

国民の権利及び義務 第10条~第40条
第17条 国及び公共団体の賠償責任

何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国または公共団体に、その賠償を求めることができる。

【弁護士】 本条は、国民の、国または公共団体に対する、国家賠償請求権について保障した規定です。

【生徒】 「法律の定めるところにより」とはどういう意味ですか?

【弁護士】 不法行為の内容や、損害の範囲等について、法律によって定めるべきである、という意味ですよ。これを受けて、国家賠償法が定められています。したがって、実際に公務員の不法行為を理由に損害賠償を請求しようとするときは、国家賠償法にもとづいて請求していくことになります。

このサイトの運営者情報はコチラから

より詳しい論点