天皇

戦争放棄

人権総論

人権各論

統治総論

国会

内閣

司法

その他

国民の権利及び義務 第10条~第40条
第21条 集会・結社・表現の自由、検閲の禁止、通信の秘密
「表現の自由」総論

【弁護士】 憲法21条では、「集会、結社及び言論、出版、その他一切の表現の自由は、これを保障する」と定められています。皆さんは「表現の自由」とはどういうものだと思いますか?

【生徒】 「何でも言いたいことを言って良い」ということではないでしょうか。

【弁護士】 なるほど。では例えば人の名誉を毀損するような表現ならどうでしょう?ここではニュアンスは少し変わりますが「悪口」を想定してください。「悪口」などもいくらでも言って良いということになると思いますか?

【生徒】 う~ん・・・さすがに「悪口」を言う自由までは、憲法でも保障されないのではないでしょうか。

【弁護士】 そういうイメージを持つのも仕方ないかと思います。しかし驚かれるかもしれませんが、一般的にはその内容の如何に関わらず、「表現の自由」の保障を受けるとされています。

【生徒】 え?ちょっと納得できないのですが。なぜなのですか?

【弁護士】 そもそも「表現の自由」を含む自由権というものは、「国家からの自由」を意味しています。つまり国に邪魔されないということです。もしある人の表現が「悪口」に当たるかどうかで「表現の自由」の保障を受けるかどうかが変わるのだとすれば、ある人の表現の自由を保障するかどうかを決める前提として「悪口」に当たるかどうかの判断をしなければいけません。つまり表現の内容について国が介入することとなってしまうのです。

【生徒】 でも国がちゃんと「悪口」かどうかを判断した上で、「悪口」にあたらないものを保障してくれれば特に問題はないのではないでしょうか。

【弁護士】 なるほど。しかし実は「悪口」に当たるかどうかという判断は極めて難しいのです。例えばある国の政策を批判するような表現があるとしますね。「消費税増税反対」といったものを思い描いてください。これは消費税増税を進める国に対する「悪口」と言えなくもありません。そうすると「消費税増税反対」という表現は「悪口」に当たるから「表現の自由」の保障を受けないということになるかもしれません。これは問題だと思いませんか。

【生徒】 国の政策に反対する表現ができなくなるとすると、民主主義体制の根幹が崩れてしまうような気がします。

【弁護士】 「民主主義」・・・いいワードを出しましたね。実は「表現の自由」が重要な権利として保障される理由の一つは、国民が自由に言論を交わすことで政治的意思決定に関与するという重要な価値(自己統治の価値)を持つことなのです。このことからその内容に関わらず「表現の自由」を保障することが必要となるのです。

【生徒】 よくわかりました。でも先生の理屈は、政治的な意味をおよそ持たない表現には当てはまらないのではないでしょうか。残酷な表現や猥褻な表現などは政治的な意味を持つことはなさそうですし、保障する必要がないということになりませんか。

【弁護士】 まず残酷な表現については、たとえばそれが戦争に関するものであれば政治的な意味を持つこともあり得ますよね?したがって、自己統治の価値がないとは言い切れないでしょう。ただ仮に自己統治の価値が乏しい表現だとしても「表現の自由」の保障を受けるとされています。これは表現の持つもう一つの価値、自己実現の価値を理由としています。

【生徒】 自己実現・・・聞いたことあるようなないような・・・。

【弁護士】 自己実現の価値というのは、個人が言論活動を通じて自己の人格を発展させるという個人的な価値を言います。あなたたちのよく使う表現で言えば「自己満足」という言葉に近いかもしれません。たとえば歌手やダンサーは自分のパフォーマンスをお客さんに見てもらうことで、満足したり、さらによりよいものを提供しようと努力したり成長したりしますよね。そうして自己を満足させるべく、日々自己を成長させていく。これが自己実現のイメージです。あなたたちも、楽しかったこと・悲しかったこと・嬉しかったことなどを家族や友人に喋ると満足を得られることがあるでしょう。これも自己実現の一部です。

【生徒】 でも残酷な表現や猥褻な表現で自己実現する人なんているんですか?

【弁護士】 100人の人がいれば、100人の幸せの形があるように、自己実現の仕方は人それぞれです。それに残酷な表現といっても、例えば残虐な事件を題材にして逆に「平和な毎日の大切さ」を伝えようとする作品ならどうでしょうか。また、猥褻な表現といっても女性の美しさを表現しようとしたヌードデッサンならどうでしょうか。これらを思い描けば、どんな表現であっても自己実現につながる要素を持つことに気付けると思います。

【生徒】 よくわかりました。自己統治の価値と自己実現の価値の双方が「表現の自由」の重要性を基礎付けているのですね。
ただ少し気になるのは、どんな表現でも「表現の自由」で保障されるのに、芸能人が週刊誌との間で名誉棄損やプライバシーの侵害を主張して裁判をしているのはなぜなのですか?週刊誌の「表現の自由」が保障されるのではないのですか?

【弁護士】 あなた自身が名誉・プライバシーという言葉を使っていることからもわかるように、憲法では「表現の自由」以外にも沢山の権利が保障されています。週刊誌には「表現の自由」が保障されているけれど、芸能人にも「名誉・プライバシー」が保障されている。そのような場合にはやはり調整をせざるを得ません。芸能人の「名誉・プライバシー」との兼ね合いで、週刊誌による「表現の自由」に一定の制約が生じることがあるということです。つまり「表現の自由」の保障を受けているからといって、常にどんな表現をすることも許されるというわけではないのです。この辺りの話は大学の法学部などで学ぶ専門的な領域に入ってくるので、興味があれば学習してみてください。

【生徒】 わかりました。つまり最初の話に戻せば、「悪口」は「表現の自由」で保障されうるけれど、相手の権利を侵害する場合もあるので、やはり好き勝手に言っていいわけではないということですね!結論としても納得できました!

このサイトの運営者情報はコチラから

より詳しい論点