天皇

戦争放棄

人権総論

人権各論

統治総論

国会

内閣

司法

その他

内閣 第65条~第75条
第66条 内閣と組織
66条1項

【生徒】 66条1項では、「内閣 は、法律の定めるところにより、その首長たる内閣総理大臣及びその他の国務大臣でこれを組織する。」となっているのですが、「首長」ってどういう意味ですか?リーダーのような感じですか?総理大臣ってリーダーみたいなイメージですし。

【弁護士】 そうだね。首長はheadの訳なので、頭とか長(おさ)という意味といえます。リーダーというと兄貴分みたいなイメージもありますが、後に述べるように国務大臣を任命したり辞めさせたりする権限もあるので、リーダーというよりは組織の頭というイメージで考えてください。

【生徒】 国務大臣というのは、どういう意味ですか?

【弁護士】 国務大臣は内閣の構成員、すなわち内閣のメンバーであると考えてください。

【生徒】 条文そのままで答えになっていないように思うのですが・・・。

【弁護士】 確かにそうですね、これはちょっとわかりにくいかもしれませんが、この条文自体が、内閣を構成する者のことを「国務大臣」と呼ぶことにしようと決めた条文であると考えてください。そうすれば、「国務大臣とは何ですか?」と聞かれれば、「内閣の構成員である。」としか答えようがないことがわかるかと思います。

【生徒】 なるほど~。もしかして、内閣がそうした「国務大臣」と呼ばれる構成員から組織されることを定めたこの条文自体が、内閣が合議体であることを示しているということにもなるのですか?

【弁護士】 そうですね。この条文は、内閣が合議体であることも、合議体の構成員が国務大臣と呼ばれることも定めているということですね。

このサイトの運営者情報はコチラから

より詳しい論点