天皇

戦争放棄

人権総論

人権各論

統治総論

国会

内閣

司法

その他

司法 第76条~第82条
第77条 裁判所の規則性定権

【生徒】 最高裁判所って事件について裁判するだけではないのですか?

【弁護士】 いや、そんなことはないですよ。やはり訴訟に関する手続きや裁判所の内部規律についてもルールが必要でしょう?

【生徒】 それはそうですが、そういうことをするのは立法権をもつ国会の役割なのでは?

【弁護士】 確かに、41条で「国の唯一の立法機関」と書いているように、国のルールを定めるのは国会の役割だけど、憲法自体が例外を予定しています。その一つが、最高裁判所の規則制定権というわけ。では、なぜそういう例外を予定しているかわかりますか?ヒントは前にやった76条2項後段のところの考え方を応用すること。

【生徒】 えっと…、裁判みたいな専門的なことは最高裁判所がよく知っているから、最高裁判所に作らせた方がいいといったことでしょうか?

【弁護士】 うん、その通り。それに付け加えることがあるとしたら、司法権の自主性の尊重ということが挙げられますね。どういうことかというと、国会が裁判所の規則を隅から隅まで作るとなると、国会が裁判所に干渉することになってしまいます。そうすると、前に勉強した司法権の独立というものが弱くなってしまいます。

【生徒】 なるほど。ただ、少し疑問に思うことがあります。こうした規則で定められることが法律で定められた場合には、どちらが優先的に適用されるのでしょうか?

【弁護士】 いい質問ですね。実は、ここは議論があるところで、昔は、そもそもこうした規則で定められるべき事項は法律で定めることはできないという見解もあったのですが、今ではそんなことはないっていうのが通説になっていますし、最高裁判所もそのように判断しています。その上で、質問の答えですが、まだ議論のあるところで、見解が分かれています。君はどう思いますか?

【生徒】 やはり、裁判所の専門性を尊重するということでしたから、最高裁判所の規則が優先するのではないでしょうか?

【弁護士】 それも一つの見解ですね。ただ、逆に、法律は国民の代表者が決めた以上は、国民が決めたわけではない規則に優位するという見解も有力です。

このサイトの運営者情報はコチラから

より詳しい論点