天皇

戦争放棄

人権総論

人権各論

統治総論

国会

内閣

司法

その他

司法 第76条~第82条
第80条 下級裁判所の裁判官、任期、定年、報酬

【生徒】 次は、下級裁判所についての話ですね。大体79条と同じではないのですか?内閣が任命するみたいですし。

【弁護士】 うーん、少し違うところもありますよ。

【生徒】 あっ、最高裁判所の指名した者の名簿から任命することになっていますね。

【弁護士】 そうですね。ここでは、79条と同様、内閣を通して裁判所に対する民主的コントロールを図ると同時に、その任命を名簿からさせることによって、裁判所の自主性を確保していると言えます。他にはないですか?

【生徒】 あとは…任期を10年として再任されるとの規定があります。再任されるっていってもどういう場合に再任されるかよくわからないですね。

【弁護士】 この文言の趣旨については、再任されるのが原則だという見解もありますが、判例は任命権者は自由に新任するという考え方をとっています。この考え方だと、再任されることができるとわざわざ規定している意味がなくなりますし、裁判官の身分保障も害されるとの批判もありますが、議論のあるところなので置いておきましょう。

【生徒】 はい。2項については、裁判官の身分を収入の面から保障することで、裁判官の職権の独立を強化している規定ですよね。これは79条6項で勉強しました。

【弁護士】 その通り。よくできました。

このサイトの運営者情報はコチラから

より詳しい論点