天皇

戦争放棄

人権総論

人権各論

統治総論

国会

内閣

司法

その他

財政 第83条~第91条
第91条 財務状況の報告

財産状況の報告

【弁護士】 では、憲法91条にいきましょう。では、B君…

【生徒B】 (食いぎみで、)憲法91条は、『内閣は、国会及び国民に対し、定期に、少なくとも毎年1回、国の財政状況について報告しなければならない』としています。

【弁護士】 そうですね。憲法91条は、内閣に、国の財政状況を国会・国民に報告することを義務付けることによって、財政状況公開の原則を定めていると言われています。

【生徒A】 憲法91条の報告の具体的内容や方法について憲法は定めていませんね。

【弁護士】 はい。まず、条文には「国の財政状況」を報告するとしか書いていませんので、憲法は報告の内容について定めていません。

主なものとしては、毎会計年度の予算及び決算が挙げられますが、それに限らず、国有財産や国の債務の状況、予算使用の状況など、国の財産全般の現実の状況について報告しなければならないと考えられています。

次に、報告の方法についても憲法に規定はありませんが、国会に対しては口頭又は文書によって、国民に対しては財政法という別の法律で、印刷物、講演その他の方法で行うものとされています。

このサイトの運営者情報はコチラから

より詳しい論点